マクドナルドのハッピーセット・おもちゃについて。

マクドナルドのハッピーセットについて


マクドナルドといえば子供が大好きな「ハッピーセット」。ハッピーセットのメニューやおまけの「おもちゃ」についてご紹介したいと思います。

まず、ハッピーセットのメニューにはどんなものがセットになっているでしょうか?ハッピーセットのは内容は、「メイン」「サイド」「ドリンク」「おもちゃ」の4点がセットで販売されています。

メインには、定番のハンバーガーやチーズバーガー、そしてチキンマックナゲット、プチパンケーキ。この中からまず一つ選びます。次にサイドメニューとして、マックフライポテトSもしくはスイートコーンの2種類から選ぶことができます。

そして、ドリンクはSサイズドリンクより選べます。シェイクや紙パックに入っている野菜生活100、ミルクも選ぶことができますよ。最後に「おもちゃ」をもらうことができます。おもちゃはすぐに種類が変わるので、また次回も注文したくなっちゃうんですよねね。

ハッピーセットの値段は?

ハッピーセットの値段設定は460円~500円となっています。値段の差はメインのメニューによります。ハンバーガーとプチパンケーキが一番安く、チキンマックナゲットのセットが500円と一番高い設定になっています。

少しですお安く購入するなら、ハッピーセットのクーポンを使うとお得。セットの値段が390円ほどになるので割安ですよ。

ハッピーセットは大人も注文できる?

ちなみにこのハッピーセットですが、大人も注文することができます。お子さんのために注文される方もいらっしゃいますし、魅力的なおもちゃがあってコンプリートしたい方、はたまたボリューム的に少な目のセットが良い方など様々です。

ハッピーセットのおもちゃについて

ハッピーセットのおもちゃはだいたい男の子用女の子用と分かれていて、各6種類ほどのラインナップとなっています。最近では、さらにおもちゃの代わりに「本(図鑑など)」を選べるようにもなっています。

おもちゃは男の子用、女の子用とありますが、子供の性別に関係なくどちらを選んでも構いません。女の子でも電車が好きだったり車が好きだったりしますもんね。

ハッピーセットのおもちゃは選べる?

ところでハッピーセットのおもちゃですが、どうしてもこれが欲しい!と子供に言われることはありませんか?どうせなら子供の欲しいおもちゃを選びたいですよね。

しかし、残念ながらハッピーセットの男の子用、女の子用は別としてその中のどのおもちゃにするか、というのは選ぶことができません。

おもちゃの入っている袋は不透明で中が見えないようになっています。なので、店員さんがランダムに出してくれたおもちゃを受け取らなければなりません。

おもちゃは店員さんでも中に何が入っているか分からないようになっています。さらに展示されていないシークレットのおもちゃもあったりします。

ただ、おもちゃによっては袋に英語と数字からなる識別番号が印字されているものがあり、それで判別できるようになっているものもありますが、基本的には選べないようになっているので断られることが多いでしょう。

中には選べるお店もあるらしい?!

ただ噂では、お店によって選べる店があるそうです。その店員さんにもよりますし、昼時など忙しい時間外でしたら対応してくれるかもしれません。

ハッピーセットのおもちゃ2018の例

2018年のハッピーセットのおもちゃで代表的なものや話題になったものなど、具体的に振り返ってみましょう。

2018年のハッピーセットのおもちゃには、プリキュア、プラレール、ブロック、図鑑などがありました。これらのおもちゃは子供に大人気で、すぐに行かないと売り切れになったりしました。

人気アニメの「HUGっと!プリキュア」のおもちゃは女の子に大人気でした。カチューシャやハート型のミラー付きコンパクト、メロディソードなど可愛いものが好きな女の子向けのおもちゃでした。

また、プラレールも安定の人気。トミカ好きな大人も買い集めたというほど人気で話題となりました。
プラレールについてはマクドナルド側も力が入っており、第1弾、第2弾と分けて販売するなど人気ぶりが伺えます。

ちなみに、923形ドクターイエロー、500系新幹線、C56 160号機 SL北びわこ号、富士山ビュー特急、新幹線つばさなどのプラレールが採用されましたね。トミカ好きにはたまらないラインナップとなっております。また、限定でプラレールDVDも一枚付いていました。

「のりものブロック」のおもちゃもありました。これはマクドナルドオリジナルのおもちゃとなっていて、全8種類から選べるようになっていました。のりものブロックは消防車や探索ボート、レポートヘリなどバラエティに富んでいて、カラフルでポップな色使いが目を惹くおもちゃでした。

そして、「図鑑」シリーズ。これが予想外の人気となりました。
おもちゃよりも絵本や図鑑を選ぶ子供が増えているのだとか。図鑑と絵本はしばらく続きそうですね。